現代生活では瞳を使わないでいることは寝ているときや目をつぶっているときだけですね。
パソコンやスマホ、TV,ATMの操作画面となんでもかんでも、デジタル化され液晶化されており、更に瞳には負担をかけすぎています。
アナログでも仕事や、勉強で書類や本の活字をよまなくてはなりません。
これでは瞳の休まる暇はなかなかないですね。誰もが目の疲れを感じずにはいられないでしょう。
目は特に身体の部位のなかでも非常にデリケートな部分ですのでより一層のケアが大切です。
コンタクトやめがねは視力の変化に合わせてこまめに調整していかなければなりません。
また不規則な生活習慣やストレス、運動不足なども目の疲れの原因となりますので注意が必要です。
また、栄養補給にも気を配り、野菜や魚などを多く取り、ビタミン不足に陥らないようにきをつけましょう。
日々の小さな疲れも重なることで大きな目の負担となってきます。
食事で足りないものはサプリで補うこともひとつの方法です。
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »